2015年11月29日

SVH

IMG_4979.jpg

この日は、元愛車のフランシス君が遊びに来てくれたんだな♥️

“小さく前ならえ”なプロストリート的プロポーションがとっても魅力的ですワ。

IMG_4990.jpgIMG_4984.jpg

“Pure Juice”なんてキュートなニックネームを付けてもらったんだネ・・・・

で、試しにCRAGAR SSをフィッティングしてみたんだけど、キャリパーが干渉して装着はできなかったんだな。

スペーサーで逃がせば装着できるけど、なるべく外側に出したく無い感じ・・・でも、間違い無く似合うネ。

IMG_4991.jpg

そんんでもって、こんなロードスターが初来店してくれました。

リペイントしたブラックがピッカピカで◎。

ワイパーがレーシーな1本仕様だったりして。

夫婦でいらしてダンナさんが運転していたのですが、このおクルマのオーナーはオクサマなのでした。

ちなみにダンナさんは77年型C10とツインを所有されているそうな。

なんだか自分と趣味が合う感じ・・・・

IMG_4998.jpg

常連の70チャレンジャーも登場・・・・

先日のもてぎシュートアウト(ドラグレース)にエントリーしてたけど、雨で走れなくて残念でしたネ・・・

IMG_5002.jpgIMG_5003.jpg

で、来客が重なってランチを取るタイミングを逃したので、ディナーはいつもよりチョット早めに食らうことに。

買い物を兼ねてスーパービバホームのフードコートにて・・・・

中華屋さんのチャーハン&半ラーメンのセットに餃子もエクストラしたガッツリバージョン。

これで税込910円だからかなりコスパに優れてます。

で、チャーハンもラーメンも思ってたよりもボリュームがあったりして、空腹MAXだったにもかかわらず、オーバーフローぎみ。

IMG_5004.jpg

ほんで、エアコンだけでは凌げない寒さになってきたので、ファンヒーター用の灯油を買うことに・・・

スーパービバホームでは灯油も売っているんだな。

そんなワケで、大概のことはスーパービバホームで事足りてしまうんだな。

posted by hideki at 00:00| 1974VW T-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

Change of Registration

IMG_8020.jpg

フランシス君の里親が決まりました・・・・

とはいっても、趣味が近い親しいお友達なので、これからもちょいちょい見る機会はあるでしょう・・・

IMG_8021.jpg

で、この日は多摩陸自までいって名義変更を済ませてきました。

現地では当ブログを見ている方に声をかけられたりして・・・・

IMG_8025.jpgIMG_8026.jpg

Baby Autoさんにより道・・・・

ここんちはストックを基調にクリーンに仕上がったGM車が沢山ストックされているんだな。

IMG_2360.jpg

で、この日はIGNITEの記事の為に女子達に集まってもらいまして・・・・

番長がUSAで入手して来たキャンディーの試食会なんだな。

パッケージがキュートなだけに、この時点では皆かなり期待を持ってはしゃいでいたけれど・・・・・

IMG_2361.jpg

実際にテイスティングが始まってみると、大半はこんな表情になっちゃう感じ・・・・

なかなかレベルの高い罰ゲーム状態となってました。

IMG_2363.jpg

キャンディーの試食で終わりだと、単なるハラストになってしまうので、2階のギター屋さんのバーにてお疲れさま会・・・・

番長の計らいでスペシャルメニューが出て来たりして皆大満足。

なにはともあれ、IGNITEにかこつけて女子達と絡む作戦は無事終了ハート

posted by hideki at 00:00| 1974VW T-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

Morning Cruise

10410610_521048511331899_2612465579990674841_n.jpg

明日はモーニングクルーズですが、こんな↑素敵な催しが同じ場所でバッティングしてたりします。

このところ第三日曜日というとイベントや取材が重なってモーニングクルーズもご無沙汰してましたが・・・・・

番長のGTOも戻って来てるし、フランシス君のデスビキャップも届いたし、明日は天気も良さそうで◎!

年内最後タイミングってことで、久々の方も是非ハート

ちなみに、この日はお台場から岩槻に直行する予定ですが、オープンは午後になってしまいます。m(_ _ )m

IMG_5533.jpg

で、欠損していたフランシス君のデスビキャップはMSD製品を入手してみたのですが、PRO COMP製も設計が同じ様なので問題無く装着できそうです。

赤いのが来ると思ってたけど、グレーでしたワ。

IMG_5534.jpg

固定するボルトがPRO COMP製はヘックスなのに対して、MSDではプラスでスクリューのピッチが粗いので採用はできず。

ヘックスの方は1個が欠損してるし。

IMG_5537.jpg

ちょうど良いボルトが見当たらなかったので、片側はタイラップで仮止め。

タイラップだと熱で伸びる可能性もあるけど、明日はとりあえずコノ状態で出動しちゃう感じ。

IMG_5558.jpgIMG_5559.jpg

で、気分も良いのでワックスをかけてあげることに。

アメリカン過ぎるシナモンフレーバーを味わいながらのLUCAS製ワックスにて対応。

タイヤワックスも同じくLUCAS製のスプレータイプで対応。

楽ちんだし、香りも良いしで、LUCAS以外ではやる気になれないワ。

posted by hideki at 00:00| 1974VW T-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

comings and goings

_17.jpg_16.jpg

この日は岩槻ガレージからフランシス君を高円寺に持って来て、今度はGTOを48へ・・・・

ワックスをかけてホイールも磨いたのでピッカッピカですワ。

_15.jpg

GTOはUSAに発注したヘダースやショックが届いたので、早速48にて交換作業をするんだな。

車高&ホイールをアレンジしたのでアライメントの調整もしないと・・・・

_14.jpg

48に行ったらシェヴェルが来店してました。

GTOとは同じプラットフォーム同士ですが、シェヴェルはハンサムですナ。

_13.jpg

ラグジョイント&フューエルポンプがご臨終だったギュウ太郎の修理も上がっていたので、GTOと乗り換えて岩槻ガレージへ・・・・・

クルマを基準にすると条件的に何かと都合が良い岩槻ガレージをHot Wire化すべく地道に荷物を移動させてたりします。

そんなワケで、今度はデューリーに乗換えて高円寺にGO・・・・・

_11.jpg

道中不思議なクルマに遭遇・・・・

VWのタイプIIかと思いきやハイエースの模様。

リアガラス周辺なんかも結構それっぽくアレンジされているだけにフロントが気になるところ。
posted by hideki at 00:00| 1974VW T-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

ZABON

0CIMG4326.jpg

今日は電車で出動。

スマフォを駆使して無事目的地まで到達できたワ。

0CIMG4327.jpg

用事を済ませ、48に置きっぱなしになっていたフランシス君を引き上げての帰り道、122が工事渋滞。

写真全然撮れてないけど、幌もフロントスクリーンも畳んだ状態で乗られていたJEEPがイカしていたのでパチリ。

0CIMG4328.jpg

夕飯を食べて無かったのに日付けが換わりそうだったので、環七を交差する青梅街道の陸橋沿いにある味噌一に行ってみたら、飲酒の一斉検問中でとても駐車できないし・・・・

それにしても無駄に大勢のオフェーサーがおりましたワ。

0CIMG4329.jpg 

で、駅を抜けて帰る途中でザボンラーメンにピットイン。

近所にNo1フェイバリットな一蔵が出来てからは行かなくなっちゃいましたが、久しぶりに食べたら思いのほか旨かったワ。

一蔵よりもちょっと高いけど、大盛りが無料になってたし・・・・

0CIMG4330.jpg

店から出て停車しているフランシス君の姿を見て改めてカッコいいぞと自我自賛なショット。

年式、モデルに関係無く確実にカッコ良くなるこのプロポーション、他ではまず見かけないけど、なんでなんだろ?・・・・
posted by hideki at 00:27| 1974VW T-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

Unlocking

0CIMG3456.jpg

この日はトップレスな素敵なおクルマをドライブさせてもらったりして。

いつか手に入れたいと想っているモデルなんだけど、久々に運転した事でその思いは更に高まったりして・・・・

0CIMG3465.jpg0CIMG3463.jpg

その後は、48社長を迎えに恵比寿のRATSにGO!

店内に入ったのは初めてだったりして。

ヴィンテージ感のある風合いの良いアイテムばかりで、デザイン的にも好みのタイプが多かったりして。

いろんな意味で今の自分には贅沢な感じのハイクオリティーなモノばかりでしたが、リアルに欲しいのがいくつもあったりして・・・・・

0CIMG3466.jpg

そんでもって、社長を乗せて48へ。

で、夜はコスットコに買い出しに行く事に。

この日はそのまま直帰するんで、自分はフランシス君で。

買い物を終えて帰ろうとしたところ、インロックしてる事に気が付いたんだな。

社長号に工具類が積んでなかったので、とりあえず針金を求めてお隣りのLOFTに行ってみたものの、適当な物が無かったりして。

ところが、駐車場の茂みでイイ感じの針金が見つかり、そいつで一瞬でロック解除。

ヴインテージなモデルのドアロックは大概針金一本で対応できちゃうんだな。
posted by hideki at 00:00| 1974VW T-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

pick up・・・・

0CIMG1516.jpg

こないだ送って行ったと思ったら、も〜お迎え・・・

なんだか日にちが経つのがアッと言う間って感じ・・・・

そんなワケで、買い付け渡米していたアパレルスタッフを羽田空港まで迎えに行ってきた次第。

高円寺近辺は大した事無かったけど、羽田に近づくにつれ、雨は激しく降ってたりして・・・・

0CIMG1519.jpg

そもそも雨は降っていたので、出がけにLUCASのスプレーワックス&ガラコをササッと塗ってやったので、ご覧の通り水滴は殆ど付いて無いんだな。

でもって、この車の良い所は、ガッツリ雨が降ってる中を走って来ても、ホイールは前後共、まづ濡れないんだな。

ナロード万歳ッて感じ・・・・

posted by hideki at 00:00| 1974VW T-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

2929

0CIMG1261.jpg

5速スティックなCOEトラック(代車の軽トラの事ネ)のドライブを満喫しながら、大和の空冷VW屋さんにGO!

それにしても、土日って無駄にトラフィックがJAMってますネ。

意思表示しない方や、40Km/hぐらいでリミッターが利いちゃってる方や、車両感覚がゼロな方など、潤滑に走行できない方が多すぎですワ。

0CIMG1263.jpg

ガレージの中には素敵なVWで一杯です。

キャリア付きのアクアのビートルが好み・・・・

0CIMG1265.jpg

で、帰りには、お約束の肉屋さんを2件ハシゴ。

ちなみに今日は肉の日だそうですヨ。

0CIMG1264.jpg

マルヤマ肉店では、自家製のベーコンを・・・・

今日は気温が思いのほか高かったので、どうしたモンかと思ったのですが、

K'sの社長が、保冷剤をくれたのでノープロブレム。

0CIMG1266.jpg

で、二件目は、メンチカツが抜群に旨い太田屋さんへ・・・・・

ちょうどお腹が空いてたので、おにぎりを買って、メンチをおかずに車中ランチ。

0CIMG1268.jpg

ココんちのメンチは、甘みのあるタマネギがイイ感じで入っていて、ソース無しで食べても美味しいんだな・・・・

posted by hideki at 00:00| 1974VW T-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

Outdoor guitar performance

0aovl3.jpg

毎日欠かす訳には行かないワンコのお散歩。

雨天の日は結構憂鬱なんだな。

と言いながらも、いつもの様にお散歩していたら、環七をまたぐ歩道橋の上で、なにやら踊ってる人を発見。

雨だって〜のに傘もささずに・・・・・

0aovl4.jpg

気になって近づいてみたら、なんと、アンプ持参で本気でギターを弾きまっくっていたのでした!

しかも、結構本格的、ってか、グワン、グワン唸らせちゃってカッチョ良いんですけど!!

もっと近くまで行ってみようかとも思ったんだけど、完全に陶酔しておられたのでそっとしておきました。

さすが高円寺、ミステリアスな方が多く生息しております・・・・・・

話し替わって、環七沿いのビルの一階にいつもシャッターが閉まっていて何だか判らない所があるんだけど、

この日はたまたま開いていたので、中を覗いて見たところ、

何と、50sのカルマンが潜んでおりました。

嬉しくなって、中にいたオジさんに声をかけてみたんだけど、めちゃくちゃ煙たがられてしまいました。

とにかく見せたくなかったみたい。

へんなの。

ま〜、いろいろ事情があるのかもネ?

それでも、良い物が見れたし、雨の日の散歩も悪く無いってことで・・・・

0aovl1.jpg

お散歩から戻ったら、フランシス君に乗って、足立のクルマ屋、OVALにGO!

ココんちも今回からフューラーの応援団(スポンサー)になってくれたのですが、

更に、知り合いの業者さんを紹介してくれるという事で、何はともあれお邪魔してきた次第。

先方さんとの約束の時間まで余裕があったのですが、何故かフランシス君を磨いてくれる事になりました。

ポリッシャーでサッと一回りしてくれたのですが、ご覧の通りビューティフルに!!

こんなに奇麗だったんだネ。

なんだか色に深み出てクルマがキュっと引き締った感じ。

頑張ってこの輝きをキープしたいと思いま〜す。

0aovl2.jpg

で、↑コチラはOVALのガレージ内にあった中古のレカラ。

番長デューリーのステアリングがひゃっこいビレット製なのが嫌だったんで、コレを譲ってもらうことに。

ま〜、レカラなら無難に収まるし、中古といえどもコンディションも良いし◎。

posted by hideki at 00:01| 1974VW T-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

Fogger Nitrous System 4 Cyl. - Air-Cooled

0anosfg3-452.jpg

フランシス君への笑気ガス噴射装置の取付けですが、コストや様々な理由で二転三転し足踏み状態となってましたが、柏の巨匠、Super Shot佐藤サンに相談したら一瞬で解決!

何のこた〜無く、空冷フラット4のツインキャブ車に対応するフォガーショットのキットがずっと昔からリリースされており、そいつとタイマーを使えばOKって事。

なので、シングルキャブにアレンジする必要はなくなったワケで、その為に買った部品はとりあえずオブジェだな。

今まで人に頼り過ぎて自分で調べもしなかったから仕方無いネ。

0anosfg5-411.jpg

求める出力に応じたジェットもパックになってるし・・・・・・

0anosfg2-494.jpg0anosfg1-390.jpg

Sportsman Fogger- Nitrous System(NOS-#05080)ってヤツを買っとけって事で、ボトル以外は一通りセットされています。

0anosfg4-467.jpg

遠回りしましたが、それはそれで色々お勉強にもなったって事で良しとして、

何はともあれ、コイツを買って装着はSuper Shotにて対応してもらう予定。

ボトルのレイアウトやスイッチのアレンジをど〜するかは考え中。


posted by hideki at 16:46| 1974VW T-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

Delivery

0nkm1.jpg

レディースのアパレルShopが、中目黒で行なわれる販売催事に出店するにあたって、商品の搬入を頼まれたのですが、

現在我家あるクルマの中で最も積載能力に優れているモデルとなると、このフランシス君となるので、なにはともあれ、商品を積み込む事に・・・・

0nkm2.jpg

積み込む前に商品量を見た限りでは、正直2回に別けないと無理だと思ったんですが、ご覧の様に何とか詰め込むことが出来ました。

運転席は確保できましたが、デッドスペース、ゼロのかなりカツカツ状態で、何だか怪しい感じ。

こんなハードコアなモディファイがされているビートルで、ここまでこき使われている個体はいないでしょうネ。

そんなワケで、我家にはトラックが必要となる状況が多々あるんです。

0nkm3.jpg

中目黒に向かう道中、お仲間発見。

右は、後方視界ゼロ仲間。

ガラスが割れているにしても、全く見えなくなるガムテープを使わなくても良さそうな気もしますが?!?!

で、左は、同じVWでNOS装着仲間。

ステッカーチューンかもしれないけど ネ。


で、金曜の夜って事もあって、中目黒では外人さんが随分と出没してまして、フランシス君大人気でした。

写真は撮られまくるは、バイクで追いかけて来るヤツはいるわで、露骨な反応がコチラとしても嬉しかったりして・・・・


posted by hideki at 21:57| 1974VW T-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

Engine Mount / Muffler

0vwmt1.jpg

不調だったシフターの具合は、ライズアップに伴って加工したマウントに原因があり、修理してもらいました。

それまで、轍などで感じていた足付きの悪さも、解消されてイイ感じになりました。

0vwmt2.jpg

そして、急加速時に後輪がジャダーを起こさぬ様に、専用パーツにてエンジンをリジットマウント!

0vwmt3.jpg

横から見るとこんな感じ。

マウントはバンパー部分にしっかりと固定。

ジャダーを解消するためのものですが、特に乗り心地には影響していない感じです。

0vwmt4.jpg

排気漏れもしていたし、遊びとて、ドラッグで全開にするにはフローが今一とあって、マフラーは、ストリータブルなうえリーズナブルなグラスパックに変更。

マフラー交換に伴って調整もしてもらった事もあり、フローの良さを体感するレスポンスの良さが得られました!

サウンド的にはで若干ヤンチャになりましたが、いままでがルックスの割に大人しかったので、ちょ〜どいいかなと・・・・・・

0vwmt5.jpg

そして、もう一つ。

エンジンの温度を少しでも軽減させるために、フードにクリアランスを持たせる専用パーツもセット。

当初は、ヒンジ側にクリアランスを付けるクールブラケットが装着されていたのですが、ルックス的にはきちんと閉じてある方が好みなので、撤去。

それでも、この暑い夏をルーバーの無いスタンダードフードではチト厳しいので、

キャッチ側でクリアランスを持たせる、↑コチラのタイプに交換してもらいました。

いずれの作業は、フランシス君の主治医であるK'S collectionにて。

0vwmt7.jpg

ちなみに、車高の低いフランシス君を特に薄型でもない安物ジャッキで持上げるには、

まずは、シャコタン用スロープに乗せてクリアランスを確保した上で、ジャッキを滑り込ませます。

ストックのままだと、ジャッキのアームの可動角が少な過ぎて、チビチビと時間を掛けて持上げる事になりますが、

フランシス君の様にマフラーのレイアウトをアレンジされていれば、リアエプロンのマフラーを逃げる部分を利用してアームをガンガン動かせます。

本当は笑気ガス噴射装置(NOS)もインストールしたかったけど、スケジュール的に厳しかったので、福島でのPRAの走行会には、この状態で参加してみます。

ま〜、段階を踏んだ方が、一つ一つの効果が確認出来ると言う意味では◎ですし、ストリップをぶっ放す機会は、まだありますので・・・・

posted by hideki at 22:13| 1974VW T-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

Oil Stabilizer

0vwmt6.jpg


今回のオイル交換で、フランシス君にもルーカスのオイルスタビライザーを入れてやる事にしました。

オイルクーラー、フィルターなどのアレンジはしていないので、オイルの量は2.5Lほど。

スタビライザーはエンジンオイルの全体量に対して25%までとされているので600cc程入れればOK!

とりあえず入れてエンジンをかけてみた所、それまでアイドリング時で20lbsだった油圧が、一気に60lbsまで上がってます。

安物のオイルだと、一度高温にさらされるとオイル自体がへたって油圧も下がったりしますが、

その点、このスタビライザーは、文字通りオイルの性能を安定化してくれるので◎です!

その辺は、既に別のクルマで確認できてます。

何はともあれ、スタビライザーを混合した後のオイルは、粘りがついて、部品に付いたオイルは時間が経っても自重では落ちなくなるのです。

また、オイル漏れを防ぐ効果も含まれていたりして、何かとお勧めです!

これがなかなかの好セールス商品で、『試しに?!』と、使ってみた方々からも好評を頂いておりますヨ。


先日、スタビライザーを求めてご来店頂いたにも関わらず、在庫切れでご迷惑をおかけしたお客様! 本日入荷しましたので1本確保してあります。

posted by hideki at 00:26| 1974VW T-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

Tire Change

0fltr1.jpg

フランシス君のリアタイヤには、これまで、クーパーコブラを履いていたのですが、

これが、雨の日の轍や高速の継ぎ目で変な滑りかたをして違和感を感じていたので、BFGのラジアルT/Aに交換する事に。

通販で買った新品タイヤを積み込んで、近所のタイヤ屋さんにGO!

0fltr2.jpg

こうしてジャッキアップして後輪が露出すると、クルマの大きさに対してタイヤがでかいこと。

0fltr3.jpg

フランシス君のタイヤを組み替えたら、その後は、番長のバリアント君のファットラバーを組み替えに・・・・

一か八かで挑戦してみましたが、エアーが抜けた状態なので、何とか室内に押込めました。

ここまでファットなタイヤの組み替えとなると、対応してくれるショップも少ないし、新品に組み替えてエアーが入った状態では、フランシス君には積み込めなくなるので、48に一度持ち込んで、48の近所で組み替えをしてもらう事に。

48渡辺君には、バリアントのへダース交換でお願いしていた作業が残っていたので、その時に合せて、組み替えたタイヤも納品してもらう事にしました。

それにしても、一日中タイヤを積んでいたので、車内はすっかりゴム臭くなっちゃいました。


posted by hideki at 20:41| 1974VW T-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

ハイボルテージ

0msd1.jpg

ショップ巡りをした日の最後は、用事で寄った48で、ふらんしす君に新しいデスビとMSDをインストールしてもらいました。

工場にはレストア中のバラクーダが入庫しておりましたので、作業はアウトドア。

ど〜でも良いけど、この日の寒さは半端じゃ〜無かった。

工場の中だっとしても、どこのクルマ屋さんも大体開けっぴろげなので、作業していないと寒くて風邪ひきそうですワ。

クルマ屋さんにとってこの時期はホント過酷ですな。

0msd2.jpg

以前、ボルトが緩んだワケでも無いのにポイントギャップが狂うというオカルト現象が起きましたが、その後は何ら問題無し。

デスビ自体は特に問題無い状態の様ですが、ポイント点火からトランジスタ化に伴って社外品でアップグレードする事に。

お馴染みのMSDをはじめ、いくつかのブランドがVW用をリリースしておりますが、ここはあえてProcomp社の物をチョイス。

キャブレター式のアメリカ車の殆どのエンジンに対応している割に、日本ではマイナーなブランドですが、このProcomp、CNCによるビレット製ながら他社に比べリーズナブルなプライスなのがポイント。

物を見る限り、けして安物には見えませんが、安いだけに信頼性がどこまで有るかは?

人柱的な意味も含め、ここでは、あえて採用してみました。

0msd3.jpg

コチラはふらんしす君から外したストックのデスビ。

改めて見ると、随分と直径が小さいですネ。

ちなみに、Procomp製にはビレット製の専用クランプがセットされておりましたが、そいつを固定するスタッドボルトがストックのままでは長さ足りず、クランプは元々付いていたクランク形状のストックを使って固定しました。

ビレット製のクランプは、他社の同タイプのデスビに付属している物とも形状は同じ様なので、スタッドボルトを長い物に変更しろって事なんですかネ?

0msd4.jpg

そして、モジュールもProcompからリリースされておりますが、前回の渡米時に165クーダ用にと買ったMSDの6Aを使う事にしました。

丁度収まるスペースがあったリアシートの下に設置。

これでスパークエナジーは確実にUP!

コールドスタート直後のバラつきがちのアイドリングも安定し、今まで以上に付きの良いレスポンスが得られた感じ。

ポイント点火からトランジスタ化のアップグレードはもはやヴィンテージカーにおける必須メニューですが、ストック状態を体験した上でインストールした方が、その違いも体感できて満足度が高かったりします。

これでまた、ドライブするのが楽しくなっちゃいました。



posted by hideki at 23:23| 1974VW T-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

お買い物

0cosc1.jpg

ふらんしす君が復帰したので、早速お買い物にGO!

USAからやってきた会員制倉庫型卸売小売店でお馴染みのCostcoへ。

ふらんしす君に詰めるのかってなぐらい沢山買い込んじゃいました。

0cosc2.jpg

リアシートから足下までビッシリ使って何とか収まりました。

これだけ詰めりゃ〜立派。

でも、洗剤やらダウニーやら、液体系の目方のはる物が多かったため車高が更に低くなった模様。

普段家族3人で乗っていてもそんな事はまず無いんですが、帰り道2度ほどガリッとシャシーを擦っちまいました。

つまり、この日積んだ荷物の方がウチの娘ッコの体重より重かったって事ですナ.

0cosc3.jpg

帰り道、街を走るヨーロッパを久々に見て、このクルマもいつか絶対に買わねば! と、心に誓いました。

てか、今こそ買いだったりするんですけどネ。

このクルマを基準にすると、フェラーリですら車高が高く感じるほど薄くて、低くて、ちびっこい。

0cosc4.jpg

で、帰り道に引き寄せられる様に例の怪しいラーメン屋でランチをする事に・・・・・。

味噌カレーラーメンをチョイス!

ラーメンでカレー味って、NISSINのカップヌードルぐらいしか食べた事はありませんが、ココんちの事だから、きっと外さないであろう、という気持ちであえて選んでみました。

この↑だらしない写真では全く惹かれませんが、食べてみてビックリ!

味噌、カレーの絶妙なバランスでかなりイケます!!

ちょっと辛めのスープに溶けたバターがまたイイ感じ。

かなりリコメンドできますワ。

0cosc5.jpg

で、ここに来たらど〜しても食べたくなるのがこの“チビカバ”

この日初めて気付いたんですが、叉焼でありながら、タレは蒲焼き風なんです。

だから“チビカバ”ってんだネ。


ア〜美味しかった。



posted by hideki at 23:59| 1974VW T-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

Hi Torque

0flnstr1.jpg

ふらんしす君のスターターが不調となってしまったので、スターターを買いに3型クンに跨がって FLAT4 さんまで一っ走り。

予め必要なパーツの事は電話で確認しておいたので、通販でも良かったんですが、その他のパーツで直接手にとって見てみたいのもあったので足を運んでみました。

バイクなら高円寺〜目黒まで精々20分以内なんで、この寒さでもギリギリOK。

写真を取り忘れちゃいましたが、店頭に並んでいたナローのタルガ、カッコ良かったな〜。

0flnstr2.jpg

で、スターター自体は回ろうとするんですが、いかんせんのんびりとした動きで、エンジンを始動させるには不充分な状態。

症状からすると、もしかして スターターブッシュ を交換すれば正常に動く可能性も。

スターターブッシュの部品代は数百円なんですが、でも、交換するとなるとエンジを降ろさなきゃだし・・・・。

そんなワケで、スターターの交換にエンジ脱着をしたくなかったので、セルフセンター式で対応。

今回はカリフォルニアのIMI Performance Products製の ハイトルクスターター をチョイス。

VW用スターターの中では高価な物ですが、キュルキュル回るハイトルクだし、目方も軽く信頼性も高いってんで奮発採用!

0flnstr3.jpg

で、その前に、車高の低いふらんしす君をジャッキアップするのに必須なスロープも購入。

パンタグラフジャッキを入れるクリアランスも確保されていない車高なので、コイツが無いことにはジャッキアップできませんから。

不動状態とは言え、車重840kgのふらんしす君は、2人で押して難なくスロープに乗せる事ができました。

0flnstr4.jpg

スターターの交換の他、既に用意したディストリビューター&MSDモジュールのインストールも一緒にできれば、って事で48のMr,Watanabeにご足労頂き、

番長との仕事の絡みで居合わせたカメラマンのNoseチンも、既に我家で鍋を肴にほろ酔いになっていた所を作業員としてかり出し、夜な夜な作業開始。

0flnstr5.jpg

↑コチラはふらんしす君から外したストックのスターター。

コイツ自体は、まだ使える可能性が残されているので、一応捨てずにキープしておきましょう。

とりあえず、スターターを交換し、無事エンジが始動できたので作業は終了。

ハイトルクっぷりがハッキリと判る威勢の良いクランキングで気分的にもGOODです!!

デスビ&MSDのインストールは改めて行なう事に・・・・。

0flnstr6.jpg

翌朝、ふらんしす君が復活した事だし、買い物がてらドライブでもっと思ったら、ガレージの前を電気工事の車両に陣取られてました。

クルマを出すと言えば当然移動してくれるんでしょうが、今日じゃ無くても良い事だったのでパスしときました。


posted by hideki at 18:33| 1974VW T-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

AUDIO&ETC

074tb1.jpg

ふらんしす君にオーディオがセットされました!

なんせスペースや形状的にかなり条件が限られるType-1ではスピーカーのレイアウトが問題でして、

最も一般的なのはリアのパッケージトレイ。

でも、本来スピーカーは前側に付けるべき、って事で、ご覧の様にキックパネルとなるあたりにうまい事セットしてくれました。

座った時に邪魔にもならず、方向的にもドアパネルに付けるよりも理想的です。

074tb2.jpg

スピーカーのベースはややこしい形状のボディーのプレスを象りして、ファイバーグラスで整形してます。

クルマの形状や予算など、かなり厳しい条件での事だったので、コストパフォーマンス的にはベストと言えます!

今回もTOP BULLの仕事っぷりには大満足です。

ETCもついでにセットしてもらったので、帰りの高速で早速使用。

ウィンドシールドの助手席側にセットしたETCアンテナの反応もノープロブレムでした。

車種に関わらず、オーディオと ETCは必須ですから・・・・。

これでドライブするのが更に楽しくなりました。



posted by hideki at 00:34| 1974VW T-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

ステアリング整いました〜

0fc1.jpg

番長とムスメッ娘はふらんしす君に乗ってお買い物に・・・・・。

何だかやけに楽しそうです。

基本的にスティック好きですからね。

そ〜いえば、その昔、番長もType-1に乗っていた事もあるんですって。

0fc2.jpg

おかげさまで、ふらんしす君の走る姿を見れました。

やっぱり、クルマは走っている姿が一番かっこいいですワ。

初めてふらんしす君を運転した番長のインプレッションは、

『結構走るネ!』

『ブレーキのタッチがも〜一声、ガツンと反応が良くなんないの』

ブレーキの効きは決して悪くは無いと思ったのですが、番長いわく、

『もっと反応が良ければ、その分飛ばせるのに』

ですって・・・・。

クーダの様に、パワーアシストこそ御座いませんが、今のままでも充分だと思います。

0fc5.jpg

で、ご覧の様にお約束通りの状態だったFORMULINGのパッドですが、

0fc6.jpg
 
こんな立派なビレット製をこしらえた人がいたので、譲っていただきました。

FORMULINGを持っていながらも、パッドが使い物にならなくて装着できない、な〜んて方にはお勧めですゼ。

本来は上からはめ込むのですが、ビレット製なので、ステアリングの裏からあてがって、ボスと共締めするかたちとなってます。

エンブレムの裏にスイッチが仕込まれているのでホーンは機能できます。

0fc7.jpg

あ〜、これで、スッキリしました。

共締めする部品の厚み分、長いボルトが必要になるのですが、これも一緒に用意されていたので、2セット買って、今回は黒くペイントしてみました。

プレーンのシルバーの時よりもハードな印象になって◎。

こ〜ゆ〜ちょっとしたアレンジでも、気分が変わって楽しかったりします。

ちなみに、MOMO製のホーンボタンがセットできるタイプも、同じ方がこしらえているので、もう一味スポーティーなアレンジもできちゃいます。


posted by hideki at 01:30| 1974VW T-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

リアシート

0pc1.jpg

ふらんしす君のために、MOONEYESに注文していたProcar製のリアシートカバーが到着。

早速、セットしてみました。

0pc2.jpg

ストックのシートの上から被せるだけでOK。

これで前後お揃いのパターンとなりました。

ちょっとシワが気になるけど、時間が経てば馴染むでしょう。


posted by hideki at 02:10| 1974VW T-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする