2016年06月06日

chevelle

IMG_8360.jpgIMG_8362.jpg

鈴鹿までの往復850kmほどを激走してきたギュウ太郎がすっかり汚れちゃったので、軽く洗車してあげることに。

ボディーはそもそもパティーナ状態なので、汚れても目立たないけれど、ライセンスプレートが汚いのはなんか見窄らしいからネ。

で、面倒だけど最も重要なホイールも手抜きなりに磨いてやった・・・

IMG_8363.jpg

来客でタイミングを逃したランチはコンビニ弁当で対応。

ランチには遅過ぎる時間帯だったので、選択肢が少なくて希望するメニューが無かったりして。

メニュー自体は微妙だけど、絶景ポイントでマッタリといただけば、本人満足度はなかなか・・・

ディープなマイナスオフセットのリムがイイ感じで収まったデコ助のお尻がエロカワイイ! (≧∇≦) 
 
IMG_8367.jpg

で、夜はギュウ太郎で神奈川の方までお出かけ・・・

環八の長いトンネル内がガラ空きで気持ち〜!

オーディオをOFFにして窓を開けてキッチリ踏み込む!!

ギュウ太郎最高💕             

IMG_8370.jpg

で、燃料補給・・・

IMG_8376.jpg

ヘッドバンガーなお友達が所有する、元愛車のシェヴェルに乗換えて高円寺にGO!

なんて事無い仕様だけど、プロポーションが絶妙でカッコイイね!

IMG_8377.jpg

せっかく買ったのに岩槻にはCDを読み取るデバイスが無くて聴けてなかったロブさんの新譜を車内で聴けてゴキゲンドライブ♪

IMG_8381.jpgIMG_8382.jpg

GTOとの2ショットがまた絵になるネ・・・
posted by hideki at 00:00| 1969 Chevy Chevelle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

真夜中の訪問者

20090811005708.jpg

HOTWIREのショップを2階から1階のガレージに移動するんでココ数日間は夜中まで引越作業に追われております。

とにかく商品が細かいし物量も半端じゃないんで、やってもやってもやってもなかなか終わりません。

昨日もヘロヘロになりながら作業をしていたら夜中の1時頃だって〜のに外がやかましいので覗いてみると、女の子2人組がガレージの中を覗いこんで大騒ぎ!

まるでハリウッドスターにでも遭遇したかのハシャギっぷりなんで気でも狂っているのかと思ったら、シェベルを初めて見れて大興奮していたのでした。

その2人組はドイツから観光でやって来たマッスルカー好きの姉妹だったのでした。

シェベルの前に置いてあった荷物を写真を撮るためにどかして欲しいと言うので、仰せの通りにすると半べそかきそうなぐらい喜んでおりました。

ドイツではスモッグの関係でこの手のヴィンテージマッスルを乗るには何かとお金がかかる様で、彼女にとっては憧れの存在の様です。

あんまりにも嬉しそうなのでエンジンをかけてあげたら、失神しそうな程喜んでおりました。

日本にもこんな娘が沢山いたら乗る人も増えるんでしょ〜けどネ。

posted by hideki at 19:21| 1969 Chevy Chevelle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

MONOCOQUE “Challenge”

069a.jpg

ど〜すっか、このホイール!!

既に消滅してしまったMONOCOQUE社の “Challenge”ですヨ!

orig.jpg

ブランド名のとおりホイールはリムとセンターセクションがモノコック構造(一体整形)って所がポイント。

つまり、超ハードコアなレーシングホイールなんですわ。

でもって、心配になるぐらい激軽なんです。

069b.jpg

そんじょそこらじゃ〜売ってないのでタマタマ履いてるなんて事はまず有り得ない代物。

おまけに、純レース用なんで、ストリートカーで履いてるのもま〜ず見かけないです。

069c.jpg

何時かベルベディアに履いてやろうと数年前にアメリカで入手したんですが、ベルベちゃんにセットするにはミニタブ加工しないと履けね〜んです。

そんな話をしていたら、エルカミに乗るFunny-“D”クンが『オレのになら履けんじゃネ〜?!』って事でセットしてみたところ、バッチリでした。

悔しいけどカッチョよ過ぎです!!

069d.jpg

ちなみに、サイズはF:3.5、R:8(bs4.5) で、マルチピッチの5穴です。

勿論、シェベルにもセットしてみましたが、フェンダーモールがあるので履けませんでした。

そのかわりにエルカミに履いていたARの5spを借りて履いてみました。

左の写真は、まだ車高を落とす前だったんでだらし無い感じですが・・・・。

069.jpg


現在の様に車高が落ちていると凛々しく見えます!

サスもコイルもアームも全て新品でアップデートしたおかげで足はバッチリですし、ストックからアルミのARに替わってバネ下も軽くなり乗り味は更に改善された感じ!

ン〜、段階を踏んで良くなる事を味わうと、満足度も一塩っすネ。

今度は、インチアップして最新のハイグリップタイヤを装着したり、そいつに伴って、ブレーキをアップグレードしたらもっと気持ちよく走れちゃうんだろ〜な〜。

それをするだけの予算は全く有りませんので、誰かこの日本一パーフェクトにアライメントが取れているシェベルくんの里親になって、引き継いでくれないかしら?!

posted by hideki at 02:24| 1969 Chevy Chevelle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

おつかれです。

20090728081507.jpg

昨日の夜にペンタゴン瀧上の事務所に行ってアレコレ作業をしていたら、結局今日の朝までかかっちゃいました、トホホ。

神宮前のその事務所の近くにシェヴェルを駐車しておいたんですが、ここが場所のわりにローバジェットでビックリです。

PM10時ぐらいからAM8時過ぎまでで停めて¥1000でおつりが来ます。

しかも、女性専用たるエリアを設けてありまして、前後どちらからでも出入りできる様ゆとりある枠取りなうえ出入り口に近いという配慮!

ん〜、女性ドライバーにとっては実に嬉しい気配りですネ!

つ〜か、それって女性が運転ヘタッピって事を前提としているって事なんでしょうか?

ま〜何でもイ〜んですけど、女性限定じゃ無くて、優先でイイでしょ?!

このPに来る度にそんな事を思います。

ちなみに、この時は番長も一緒だったので堂々と停めさせてもらいました。

20090728081936.jpg

Pを出て直ぐの表参道付近。

場所が場所なだけにAM9時前じゃ〜ガラスキ。

静かな朝の原宿に響くV8サウンドが気持ちイイ〜!!

けど、ねむかった〜。

で、家に戻るなり睡眠グ〜!

お昼に起きてワンコの散歩。

でもって今度は、アメマガさんの原稿をやんなきゃです!

結構時間がカツカツなんで、今日も、明日もまた徹夜かな〜?!


20090727115459.jpg

全然関係無いけどPに停まってたクルマが履いていたこのホイール、良いデザインですね。

社外品でしょうか?

車種は覚えてないんですが、スバル車だったような・・・。

ん〜、イイです!

誰か知ってたらおせ〜てネ。




posted by hideki at 14:37| 1969 Chevy Chevelle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

ロワードを兼ねたサスペンションのアップグレード

069spc.jpg

クルマを手に入れたら真っ先に何をするべきか?

そりゃ〜アナタ、ローダウンに決まってるじゃ〜ありませんか!

クルマのカッコ良さは車高とタイヤ/ホイールのバランスで95%は決定しますから・・・。

つ〜事で、早速車高を落としてみました!!

069spc2.jpg

この時代のモデルはストックだとかなり腰高でどちらかというと、前上がりな姿勢ですが、↑これぐらいのスタンスの方が素敵です。

低けりゃイイってもんでも無いですし、走る楽しさを高める意味でもヨーロピアンスポーツをお手本に『程よく落とす』がテーマ。

ストックの14”ホイールでタイヤが僅かにかぶる感じが我ながら絶妙かなと・・・・。

万年クライシスなIGNITEのプロジェクトとはいえ、スプリングカットという即席メニューでは無く、現代のマッスルカーにおける必須項目でもあるサスペンションのアップグレードでレストモッド的アプローチとなっています!

もちろん、素敵な社外ホイールも履かせてみいたいですが、ベース車がほぼストックをキープしておりますんで、何はともあれその魅力を引出す意味でもホイールはそのままで、↓こんなパーツを驕ってやりました!

069spc3.jpg

愛車のベルベちゃんにも装着して、そのクオリティーを実感しているSPC社のパーツを駆使しております。

SPC社のPROスプリングはストックにくらべてフロントで約33mm、リアで約25mmドロップします。

バネレートもストックよりもタイトなので、ショックとの組合せでアグレッシブなハンドリングも期待で来ます。

GM車用としてこのAボディーの他、Fボディー、Gボディー用が各年式に応じてラインナップされています。

装着後は覗き込まなきゃ〜見えないパーツですが、ダイヤモンドブラックでエポキシコーティングされているのも◎!

(右)ちなみに、リアはもとからドロップコイルが装着されていたので、ハイトはほぼ一緒でしたが、SPC社の方はご覧のとおりプログレッシヴレイトとなってまいす。

069spc4.jpg

でもって、コントロールアームはアッパー、ロアーの両方がラインナップされています。

アッパーアームはアジャスタブルですので、シムを使わずして調整が簡単かつ無段階で行なえます!

(左)パーツの重量はストックよりも軽いうえに強度も高いのも◎です。

(右)ロアアームはストックよりも25mmドロップされていて、操作性を向上するべくキャスター角が1°追加された設計。

こちらも、このゴツいデザインながらストックよりも若干軽いです。

069spc5.jpg

そして、PROスプリングとアームをセットで装着すると33mm+25mmで58mmドロップする事になります。

ストリートでストレス無く乗るにはそのままでは流石に無理がありますし、ルックス的にも低過ぎ。

そこで、専用のスペーサープレート(左)を使って調整しました。

1枚が13mmですので、2枚入れて58mm−26mmで32mmドロップする事にしました。

また、アッパーアームでは付け根からボールジョイントまでがカーブしているストックに対して、SPCのアジャスタブルでは一直線となっているのでボールジョイントスペーサー(右)もラインナップされています。

そのままでもクルマがリフトで上がっていない限りはフレーム部に干渉する事も無いので、ここでは保険的な意味で・・・。

069spc7.jpg

全てのパーツをインストールし、最終的にテスターで計測して頂いたところ、車高はフロント側で約3cm、リアはやはりほぼそのままとなっています。

もちろんアライメント調整もして頂いて数値的にも改善され、足付きの良さも体感できました。

069spc6.jpg

(左)外観的なプロポーションがキマッて大満足ですが、全く別物となったフロントのサスペンションもレストロッドに恥じないルックスでナイスです!!

GM車の場合はエンジンルームからアッパーアームがチラ見できるのでアピール度も高いです。

今後はショックアブソーバーのアレンジで更なる乗り味改善を狙います。

P.S.

今回、部品の装着から診断まで行なってくれたAMTECSさん、本当にご苦労さまでした!!

それから、シェベルの事で色々と知恵を貸してくれた、柏の巨匠、SUPER SHOTの佐藤さんにも感謝です!!

posted by hideki at 11:47| 1969 Chevy Chevelle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

1969 Chevy Chevelle

069jhm2.jpg

突然ですが、我家の一員として69シェヴェルがやって来ました!

で、そのシェヴェルを引上げに行くのに同じ69のエルカミに乗るFUNNY-BのD-Changに付合ってもらいました。

帰り道は同じお顔同士で仲良くクルーズを味わいながら・・・。

途中で寄り道したクルマ屋? 、IGNITEの配布店でもある48では、黒い67カマロに乗る友人のJUN様に偶然遭遇。

この方は愛車のメンテやモディファイを自分で行なっているので、パーツを無駄にストックしてたりします。

そこで、シェヴェルに使える物も有るんじゃ〜ないかって事で、今度はブラックシェビー同士で彼の家の有る目黒までクルーズ・・・。

069jhm.jpg

彼の洒落たガレージの前で思わずパチリ!

モール等ストックをキープしたシェベル、なかなか絵になってます。

パーツを物色してみたものの、差し当たって必要な物も無かったので、とりあえず手ぶらで帰宅する事に。

ところが、しばらくすると快調に走っていたのにエンジンがストップ!

直ぐにかけ直すと再び快調に走るのですが、何度かエンジンストップを繰り返す様になり、井の頭通り手前の環七で遂にエンジンがかからなくなってしまいました!

それまで空いていた環七がシェベルのおかげで渋滞を巻き起こしてしまう始末。

結局その場では対処できず、その前に寄った目黒のJUN様の助けを借りて、シェヴェルを何とか自宅まで連れて帰りました。

その後、色々とチェックしてみましたが、結果的にはコイルの交換のみで無事復活しました。

それにしても、路上でのお不動様は10年ほど前に乗っていた1937年型のFORDくん以来。

本人的にもまいりましたが、その時環七を走っていた方々には迷惑をかけしてしまいました。

その日に見たミステリアスな看板が意味するたいへんなこと〜って、こ〜ゆ〜事だったんでしょうか?!?!

ま〜、旧車の場合、オーナーが替わった事でダダをこねたりするもんです。

なワケで、シェベル君をちゃんと可愛がってあげようと思います。
 
posted by hideki at 17:09| 1969 Chevy Chevelle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする